>

ゲレンデをかっこよく滑ってみよう

方向転換をするコツを知ろう

両足が固定されているので、スキーに比べて少しバランスを取ることが難しいかもしれません。
スノーボードに初めて挑戦する人は、最初に緩やかな傾斜でバランスを取る練習をしてください。
誰でも、いきなり上手く滑ることはできません。
最初は転んでばかりでも、練習を繰り返すとかっこよく滑られます。
転んでも雪の上なので、それほどダメージはありません。

また転び方も大事です。
受け身を取ることで、ダメージを最小限に抑えることができます。
スノーボードの滑り方ばかりを練習していないで、受け身の取り方も学びましょう。
転び方が下手だと、転んだ時に変な格好になって思わぬケガをしてしまいます。
初心者は、転び方を知ることも意識しましょう。

デュアルスノーボードをしてみよう

デュアルスノーボードは、板を片足にだけ装着してゲレンデを滑るウィンタースポーツです。
まだマイナーですが、徐々に取り組む人が増えています。
片足の自由が利くので、バランスを取ったり移動したりするのが楽という部分が好まれているようです。
通常のスノーボードに比べて、スピードが簡単に出ます。
早いスピードを出して滑るのが醍醐味ですが、初心者は怖いと感じるかもしれません。

ブレーキのかけ方を練習しましょう。
またスピードが早いので、方向転換の要領が通常のスノーボードと違います。
ゲレンデに障害物があった時は。方向転換をして避けなければいけません。
少なくても、自由に方向転換できるようになってから本格的に滑りましょう。


この記事をシェアする